満たされた日々 yurimomo1.exblog.jp

モモたんは私の心の中へお引越ししました。もうずーーーっと一緒です☆☆☆


by yuri7081
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
長らくご無沙汰しておりますm(_ _;)m

コメントのお返事も中途半端、皆さまのブログにもコメント残さずで・・・どうかお許し下さい;;

いまモモの術後の状態を思い出しながら書いています。

すごーく長い文章になってしまいました・・・あは(;´▽`A``

実はここ数日モモの目が不自由になったため、
もうすったもんだの日々でした。


やっと・・・少しずつですがモモも私たちもこの生活に少しだけ慣れてきました。
気がつけばレーザー手術から明日でまる3週間が経とうとしています@@;

術後2週間が眼圧の変動がみられるため注意が必要とのことで、
せっせとまめに通院しておりました。
レーザーをすれば眼圧は落ち着くはず・・・と伺っていましたが、
それから10日間ほどはずーっと20~21と高く、
これはいったいどうしたものかと皆でショックを受けていました;;
おめめも退院直後に比べ浮腫がみられ、素人目にも明らかにマットな状態。


でも、ちょうど2週間後の14日木曜日。

やっと眼圧が14と理想的な数値に!!!\(^o^)/!!!
先生も少しホッとされたご様子。
でもこれたった1度では落ち着いてきたとは・・・もちろん言えません。
何度もこの理想的な数値が続き、やっとレーザー手術をする意味をなします。

経過は良好。
視神経の血流も改善が少しずつ見られ、血管も太いものが3本見られました。
ですが視神経の回復は今一つで視力の戻りがほとんどありません。。。

なぜ?手術するタイミングが遅かったんじゃないの?
ちょうど手術になる5日前にモモの眼が見えにくいようだと父が告げた時、
あの時次は一週間後に来て下さい。。。それじゃ手遅れだったんじゃないの?
既にその時から視神経の圧迫が始まっていたんじゃないの?
と、次から次へと医師に対しての負の感情が湧きあがってくる始末。

でも、よくよく考えると、
私たち家族も出来るだけ長い内科的療法を(点眼治療)を望んだのですから、
そのタイミングをはかるのは先生の役目でしょ!とは思うものの、
すでに単眼になっているモモの目を見えている段階、
つまりは眼圧もそう高くなくはっきり見えている状態で手術に臨むのは、
先生しかり、私たち家族もとてもじゃないけど無理でした。
だって見えている状態で手術して、その結果視力が戻らなければ
今よりもっともっと落胆は激しいものだろうから。


これで眼圧さえも安定しなければいくら最新たってレーザー手術する意味なかったんじゃない?(怒)
なんて思いも一瞬よぎりましたが、ここにきてやっと!やっと!眼圧が落ち着いてきてくれたようです。。。。
11日の木曜日の14と言う数値から今日までずっとつやっつやの透明感ある黒目を保っています。
今日見ると、若干、、ほんの若干ですが、また濁ってる?ともとれますが、
それでも20以下の眼圧は保ってくれているはず!
私はそう信じたい!!!

きっと明日の診察も良い結果が出てくれるでしょう(願)



c0043751_3444926.gif




話はさかのぼりますが、ちょうど先週の7日日曜からまたタクのTちゃんがラスベガス出張で私は実家泊。
モモがほとんど目が見えない状態でしたので、
両親のダブルクッションのベッドで眠るのはチョーーー危険!と、
私が急きょネットで布団を買い、一緒に一階リビング床で布団の上で寝ていました(*^‐^*)

最初はモモの自分のベッドで寝ていたものの・・・・。
c0043751_2545627.jpg

c0043751_2535294.jpg

だんだん私の布団に入ってきたよ!(๑→ܫ←๑)
c0043751_254439.jpg

c0043751_2541227.jpg


モモも最初の4日間ほどはカラーをつけておとなしくワンコベッドですーすー寝息を立てながら眠ってくれましたが、
だんだん慣れてくると思いだしてきたのか私のベッドにもそもそと入って一緒に眠ってくれました!
退院してから少しずつですが元の生活スタイルに戻ってきています^^*
今は眠る時だけおめめを爪でひっかくといけないからカラー着けて眠ってもらっています。
c0043751_313710.jpg
でも、相変わらずで~~~んと布団に眠ってる(笑)
おねたん寝れまへんがなぁぁ~~苦笑!


最初目が見えないので真っ直ぐ歩けず、
チーにも行けず、お水も飲めず、全てにおいて介助が必要で
本当に24時間1週間つきっきりでモモの面倒がみれて良かった、、そう思いました。

父、母、私、皆で必死に介護生活。
今でもそれは変わりません。
私はもう夫が帰国しているので今は別々だけれど……。
夫には内緒だが、本当は24時間モモの介助してやりたいのだ!なぁ~んて。)
1週間の間、ホームセンターでエアパッキンのプチプチ梱包材を買いこみ、
実家の家中の家具と言う家具の脚や角に二重にして巻いていきました。
母がひとり、「ああ・・・私のカッシーナが・・・・涙」とがっくしきてた(;^^A
だけどモモがごちごちとあちこち当たるので 致し方ないよねぇ。。。><;
シーズーは特に目が出てるから危なくって。
今になってやっと、あまり当たらずにチーやお水にたどりつけるようにはなったけれど、
それでも階段にはガードが絶対必要だし、
玄関の大きな段差から落ちて飛び出ないように白い柵もネットで購入しました。
梱包材を椅子の脚やらに巻いていったらぎっくり腰になりかけました(´・ェ・`;もうトシかねぇ?


でも先生が、
「木曜あたり(11日)からエリザベスカラーを外してみましょう。
 あれもストレスの原因となり、眼圧が上がる要因になっているかもしれませんから。。。」

とおっしゃった時、実は2日前の9日火曜日の夜から外してみたんです(笑)
もうカラーに慣れてきていたからあんまり目に見えて喜びはしなかったものの、
身軽になったからか次から次へと以前のモモのように遊び始めました!^^
c0043751_322399.jpg

これは10日の水曜日のモモ。
このころから徐々に徐々にですが、お目目の透明度が増してきました^^
ひょっとしたら眼圧上昇はカラーのストレスも関係していたのかな?


おもちゃも口元へ持って行ってやるとちゃんとくわえて喜びます♪
モモはただいま~って家族が帰ってくる度におもちゃを選んで尻尾振って出迎えてくれるんです♪
でもおもちゃがないと大変!大慌てで探しに帰ってくるので、
こちらも急いでくわえやすそうな手近なおもちゃを探してスタンバイ(色々とこっちも大変です・笑)

私がこっそり誘導はしているものの、(笑)
ほらほら豚さんだよ~!とあんよで確認させてやると、
いつものように踏み踏みしだしたではないですかーっ(ノ∇≦*)♪
c0043751_3155243.jpg


あと、タマゴちゃんも見えないからちょっとショックを与えてしまうかな、、、、、と思ったけれど、
でもあれだけ好きだったタマゴちゃん!
父と音を鳴らしてモモの近くに放ってやると、うまい具合いに上手にキャッチとまではいきませんが、
何度かトライして上手に口にくわえられたら皆で(*゜▽゜ノノ゛☆拍手して
「モーちゃんすごい!!!しゅごいねぇ~~!」って言ってやるとものすごい得意げにお尻尾ぶんぶんで喜んでくれました^^
このこの得意げなお顔、可愛いんですよ♪(親ばかでスミマセン・・・)
そしてあんよの中に押さえさせてやって、「うぅぅ~~~」と口真似すると、
これも思いだしたようで、すぐにモモもハっとしては「ウゥゥーーーー!」と低く唸って今までのモモになりました^^
これも大好きな遊びだよねぇ~~♪
あと、歯ブラシ見せてやったら、歯も上手に磨いてましたよ!
c0043751_3161060.jpg

タマゴや歯ブラシは誰かついてないと出来ないけれど、
でも豚さん踏み踏みは、ダッシュで家の中を走りまわれない今は唯一のストレス解消になっているのか、
しょっちゅう食後踏み踏みしています^^



c0043751_3432117.gif



あ、肝心の視力は、全部ないわけじゃありません。
私もおもちゃやペットボトルで確認しましたが、先生いわく、お目目の上部の一部は
虫食い状態で見えているようです!
だから、けっして私のお顔が見えないわけじゃないんですね。。。涙
ちょっとは部分的にひょっとしたらつまようじの先っちょくらいかもしれないけれど、
ちゃんと見えているのねぇ~;;
たぶん想像するに、障子にぷすぷすと指で穴を開けたような感じで見えているんだと思う。

それでも全く全盲とは大違い!
光も景色も一部分とはいえ見えているんだもん。
何も見えない暗闇の中にいるのとはわけが違う!

先生がおっしゃるには、今までのようにボールを追いかけたり家の中を走り回ったりは無理だろうけど、
今10のうち視力を1だとしたら、2や3にまでは引きあげていきたい。
視神経そのものを改善するのは無理だが、術後お目目の血流も視神経の状態も数段アップしているから、
今後の視力の回復は決して奇跡レベルではなくあり得る話。
やれるところまで頑張るとおっしゃって下さいました。
もともとわんこは人間と違って視力自体は弱いもの。
そのわんこが、今視力が1として、たとえ2や3は無理でも1.5でもアップ出来れば随分視界が開けるはず。

私もモモの視力回復を信じてこれからもモモたんを支えていこう。

そうそう。
点眼は今も続けています。

今後も白内障のオペのレンズの曇りを予防するため、まだしばらく1か月ほどは
ずっと点眼歯続けないといけません。

今しているのは、
・ファルキサシン・ジクロード・プレドニン(白内障の炎症に)
・トルソプト・トラバタンズ(緑内障の眼圧下降に)
の5種類。

それを今週から1日に3回ずつ点しています。
術後しばらくこのパターンを6回やっていた時に比べれば随分楽になりました。
今後の予定としては、うまく眼圧がコントロール出来ていれば少しずつ目薬もカット出来るはず。
このまま、このまま、、、、ずっとモモのお目目が透明で黒々していて、
眼圧も15以下で安定してくれますように。

それだけを心から願って毎日を過ごしています。

さて明日は午前の診察を受けてきます。

c0043751_3165212.jpg


神様、仏様、モモの眼圧を安定させ、視力を少しでも戻してやって下さい!


c0043751_3414745.gif




見えなくなっても文句一つ言わないモモ。
そんな健気なモモが私は可愛くていとしくてなりません。

いつも私が座るとピターっとお尻をくっつけてくるモモ。
安心するのでしょうね。
c0043751_33609.jpg

視力、きっと戻るよ!
一緒に気長に頑張ろうね モモ!
[PR]
by yuri7081 | 2010-11-17 16:20 | モモ | Comments(5)

五分五分・・・・

朝先生からTELがあって、モモ、精神的に落ち着いてきていて
眼圧の数値も安定して今日は16ということでした。
ただ、水分はとって点滴もしているため排尿は出来ているものの、
相変わらずフードは食べないみたい。。。^^;

でも、昨日は落ち込んじゃった。。。

術前の説明で、予めモモの視神経の損傷がひどいことや、
新たな目薬でもあまり目の血流の改善がなされていないこと、
まだ血流自体が非常に弱いことを告げられていたから覚悟はしていたけれど、、、、。
可能勢はゼロではないという言葉を信じ、お願いしたんだけれど、、、。

手術自体は成功して眼圧は今のところ安定してはいるものの、
視神経の損傷はやはりひどいようで、血流も術前とよくも悪くも変化はなく、
今後視力が戻る可能性は五分五分だと
私にとってはとてもとても厳しい現実を告げられました。。。。

風邪なんてひいてるばあいじゃなかった。
ダブルで風邪ひいちゃって10日ほど実家に行けなかったから、
モモの急激な眼圧の上昇にいち早く気がついてあげられなかった。。。。

もともと最新レーザー手術といえど、目の中の水分の量を少なくするだけで
視神経が一度損傷してしまっては それはもう元には戻らない。
だから、後手に回ってしまっては全く意味をなさないのは知っていた。

けど、見えている状態から、全麻のリスクやもしも失敗して出血したらその場で失明すると
聞いていたから、、、、それも怖くて手術はギリギリまで延ばし、
出来る限り内科的治療でやっていこうと私が先生と決めたこと。

今さら自分を責めても仕方ないけれど、
あの時風邪なんてひかなければ・・・・・・・。

昨日はひどく落ち込んでしまいました。


だけど、良い方に考えるなら、
五分五分ということは、残り半分でも見える可能性があるってこと。

んなこと言ったってわかっちゃぁいるけど気持ちはなかなか前向きには行かないなぁ。。。

だけど、えいやー!と、ここまで来たら
良い方向にいくことだけを考えるしかないよね。。。;;


見えるか見えないか、反応がわずかに出てくるのはおよそ1週間後らしい。
それまでは何とも言えないらしい。

でも、この術後2週間の間に、もしも万が一もう一度眼圧が上昇することがあれば、、、
それはもう、、、完全な失明を意味するのだとか。。。。



怖い。。。。怖いよぉ。。。。。



モモは元気にケージできょとんとしているらしい。


今日は夕方に一時退院の許可がおりました。

点滴で1,2日はもつけれど、どこの病気でもそうだけど、
やはり経口からじゃないと治るものも治らないみたい。
あと、口から物を摂らないと、あっという間に肝臓を悪くしてしてしまうみたいで。
それも心配されて一時的宅となりました。
でもまだ眼圧の変動が2週間は安定させないといけないので、
もしかたしたらまた再入院になるかもしれません。


神様、モモをお救い下さい。

どうかどうか、僅かな視力でもモモに残して下さいますように。。。

お願いします。
[PR]
by yuri7081 | 2010-10-30 12:49 | モモ | Comments(8)

眼圧安定を維持

さっき先生から私の携帯に電話がありました。

モモたん、昨夜から今朝にかけても眼圧は落ち着いていて、
13~16とかなり理想的な数値で安定しているようです!!!!O(≧∇≦)O

蛋白の生成も昨日から変わりなく、想定内の付着にとどまり、
昨夜はやはり落ち着かない様子やったらしいけど、
今日は精神状態も安定しているみたいです^^

ただ、お水は飲んでいるものの、フードには全く口を着けず、、、(^_^;)
想像していた通りでしたが(爆)
あのこ、いつも病院ではハンガーストライキするんだもん。
今までそれで早く帰ってこられたから、
ひょっとしたら何も食べなかったらお家に早く帰られる!っていう図式が
モモの中で出来上がっているのかも(苦笑)

今は点滴でしのいでいるそうですが、
炎症がひきしだい、早くお家に戻ってこれるそうです^^

今日の夕方もう一度先生から連絡があり、
今日帰ることが出来るかそれとも明日になるかわかるみたい。


ただね、看護婦さんがケージに来ると喜んでくれているそう!!!
少しずつ心開いてくれているのかな。
あれだけ毎週毎週通っていたもんね(笑)
あぁぁぁぁーーーーー良かった!!!!!


昨日はどっぷり疲れ果て、私、泥のように眠ってしまいました。
でも今日は心は晴れ晴れです!

モモもきっと昨日は不安な夜を過ごしたと思うけれど、
でも、今までの生死をさまよった結石の時や眼球摘出のオペと比べれば、
最小の傷口で出来る内視鏡手術はモモにとってはかなり負担が少ないはず。

あとは視力が戻るかどうかだけど、
眼圧が50と視神経をかなり圧迫していたようだから、
完全に元の視力に戻るのは無理かもしれない。。。
だけど、光を感じ、ぼんやりとでも見えてくれるようになれば・・・・・。
ぼんやりシルエットだけでも見えるのと、
全く暗黒の闇に包まれるのとでは全然違うもん。
だけど、先生もおっしゃっていたけれど、術後24時間眼圧が安定できれば
手術は成功とみなされるようで、今後また眼圧が一気に上昇したりすることは
まず、ないらしい。

これからは眼圧に怯えなくても毎日快適に過ごすことが出来るなら、、、
こんな嬉しいことはありません!
[PR]
by yuri7081 | 2010-10-29 14:15 | モモ | Comments(3)
あれから夜の7時半過ぎに先生からモモがしっかり覚醒したと連絡があり、
手術は万事うまくいき、眼圧も安定した理想的な数値に落ち着いているとのこと。

ばんざーい!\(^o^)/ヽ(^。^)ノ\(^o^)/

電話口で先生の明るい声を直に聞き
どれほど嬉しかったか。。。;;うるるる


モモの水晶体、通常より硬かったため少々時間がかかったものの、
ほぼ想定内の手術で成功し、レーザー内視鏡手術で
白内障と緑内障の手術が同時にうまくいったそうです。

素晴らしい!!!

やったーーー(^o^)


モモね、目が覚めたらケージの中でキュンキュン鳴いていたみたい。。。;;
そしてしばらくしたら、私たち家族の姿を探してケージの中をうろうろしているみたいです。
でも会いに行ったら絶対ものすごい形相で出せ出せ!って興奮しちゃうから
退院までは心を鬼にして会いにいきません!;;

問題は手術は成功とはいえ、視力が戻ってくれているかどうか。
ただし術後はどうしても蛋白がびっしり付着してしまい、今はほぼ完全に見えていない状態だそうで、
あと多少なりともレンズを切開しているので炎症が起きやすいらしく、
目が完全に見えるかどうか判明するのは少なくとも2,3週間はかかるそうです。

でもでも何にしても
手術してもらって大正解だったのは、眼圧が手術後なんと10~11に下がり!!
理想的な数値になったこと!
これをこのまま維持できれば、
モモが今まで感じていたお目目への不快感や痛みがなくなるということです!

もともと目の中には房水という水分があって、何らかの理由でその排出経路を絶たれてしまい
眼球を圧迫することで痛みが生じるのが緑内障。

モモは生まれつきその排水経路が普通より狭く、
ほぼ閉じている閉塞隅角緑内障。
今回のレーザー手術で房水を生成する毛様体を照射することで
房水の生成を抑えることができ、そうすれば余分な圧力もかからないし
水の出どころがなくって眼球を押していたモモの目もうーーんと楽になる。
この手術が成功したってことは、モモにとって大いに大いに意味があります。
あとは視力が戻ってきてくれれば・・・・。


今日はずっと24時間体制でモモの眼圧をチェックして下さるようで、
無事に変動がなく安定して問題なければうまくいけば明日にでも退院できるそうです!

(^o^)

また退院したらこちらでご報告しますね!!!
[PR]
by yuri7081 | 2010-10-29 01:07 | モモ
モモちゃん、明朝の木曜日に(もう今日ですね、、)手術になりました。

突然でびっくりさせてしまいごめんなさい。


私が風邪をひいて寝込んでしまっている間に
どうやらじわじわ~と眼圧が上がってきていたみたいで、
昨夜会いに行ったらほぼ見えていない状態に驚き、
モモ、ものすごくおどおどして不安がってて・・・(涙)
タマゴちゃんも目で追えないし、どこにあるのかも分からない様子で。。。
すっかり怯えてしまって固まって動けない様子。
昨日はなるべくそばに居て体を撫でながら、
大丈夫、大丈夫と話しかけて安心させてやりました。
玄関に誰か来ると、見えないことのパニックからか、
くるくる自分の尻尾を追い掛けるようにずっと回って。。。
あんなモモ、初めて見ました;;

昨日はF病院が休診だったから、今日大慌てて早朝に診てもらうと、
やはり眼圧50と、ついに恐れていたことが。。。
キサラタンが全く効かなくなってしまったようです。
眼圧を緊急に抑えるために、新たに強力な目薬を処方され、いったん家に戻り数回点眼。
そしてもう一度 夜の最終の診察時間にお目目のチェックに行きました。
朝晩2回の通院になり、私もモモもくったくた。

そこで先生と充分相談し、もし手術しないなら視力はおそらく3日ともたないこと、
するならこのタイミングを逃してはいけないこと、
それ以外にも色々と詳しい説明を受け、
家族皆で相談して最新のレーザー手術をお願いしてきました。

目の中に直接内視鏡レーザーを入れ、
必要な箇所を直接目で確認しながら照射を行える非常に優れた手術だそうです。
切開部分もたったの3mmと負担も少なく、白内障のレンズ挿入も同時に行われる。
所用時間も約30分ほどと短く、目や体の負担も最小限度で済むそうです。
そしてそれに成功すれば、今までのような一日幾度にもわたる点眼がいらなくなるらしいのだ!


明日8時半過ぎからスタートです。

どうか、どうか、無事に成功しますように。。。。

視力がもとに戻りますように。。。

c0043751_0361873.jpg



日本ではまだ認可がおりて2,3カ月のレーザー手術。

アメリカと違ってデータこそ少ないけれど、
でも、成功すればかなりの確率で視力が温存出来るらしい。

1年視力温存率がだいたい85パーセントほど。
4年間でも視力生存率が75パーセントほどあるらしい。

もちろん麻酔のリスクや1泊入院させる不安もあるけれど、
でも、あのモモの何とも言えない不安そうな表情と、
見えないのに一生懸命タマゴちゃんを探そうとしている様子が痛々しくって、
夜も不安で眠れず、いつもと違ってベッドの真ん中で宙を見上げてぼんやりしていた様子を聞くと、
もう私に迷う選択の余地はありませんでした。
きっと昨夜から今日にかけてのモモは、
光さえもない、暗闇の中に居たはず。。。

c0043751_0341338.jpg


でもそれも、ある程度時間が経過すれば、
そんな見えない不安な状況にも慣れるんだろうけれど。。。

だけど、もしももしも自分がモモの立場だとしたら、
その手術が受けられる環境におかれていてるならば
このままみすみす見えなくなってしまうよりは
一か八かでも手術を受けて見えるようになることに懸けるだろう。
それにこの最新のレーザー手術は、日本国内ではたった2施設でしか受けられないんだから。。。
その1施設にモモを診て下さっている先生が入ってるんだから、
受けられることに感謝をするべきだろう。

家族全員一致で最新の手術をお願いしてきました。



以前診てもらっていた病院の先生と違い、本当に人間顔負けと言った感じで
しっかり画像と照らし合わせながら術前の説明をして下さいました。
この先生にお任せしたらきっと大丈夫だ!そう思いました。
手術の様子も全て録画してあとで私たち家族に全部見せて下さるらしい。
すごい。。。
でもきっと怖くて私は見ることは出来ないだろうけれど。。。。


明日も6時前起き。

とにかく、モモに頑張ってもらってきます!


c0043751_0291865.jpg
きっとまた、こんな元気なモモたんに戻ってくれると信じて。

どうか 応援お願いします!


☆追記
予定通り、父と私で朝一で連れて行き先生にあずけてきましたが、
目の周りの毛を刈ったり血液検査やら麻酔チェックやらで
オペ開始は午後からになりました。
あぁ。。。悶々とする。
ドキドキ。。。。。

モモちゃん頑張ってきます!
[PR]
by yuri7081 | 2010-10-28 00:26 | モモ | Comments(5)
9時過ぎに病院に入りましたが、前の患犬ちゃん、猫ちゃんがまだ診察中だったので
しばらく待ち、やっと10時過ぎに術前血液検査開始。
その結果待ちでしばらく時間がかかり、
おそらく11時過ぎ頃に手術スタート(予定)

前回、手術する・しないですったもんだあったので、

先生から、
「本当によろしいですか?」ともう一度確認があった後、
家族そろってうなづいてお願いすると、
「僕の治療がうまくいかずこんなことになってすみませんでした。。。」と
頭を下げて言われました。

たしかに、ぶどう膜炎だったのをずーっと1カ月まるまるアレルギー性結膜炎といって
その治療ばかりして、結局緑内障になって失明したのを
他院の、それも一般獣医院で指摘された事は
あんたほんまに眼科専門獣医?と、今でも相当な憤りを感じますが、
今回ぶどう膜炎の予後が悪かったのは、
特に先生が至らなかったせいかどうかはわからないし、
どんな先生が診て下さっても、
失明して緑内障も併発してしまったぶどう膜炎では
どうにもこうにも、結局は同じ結果だったかもしれません。
そこは誰にもわからないと思います。
責めるつもりもありません。。。。
私たち家族も(今回は夫のTちゃんも病院に直接駆けつけてくれました。)
全員頭を下げて先生モモをどうかよろしくお願いしますとお頼みました。


とはいえ、いったん手術は中止にしたもののなぜ手術することになったのか。

それは、先週から眼の周りの皮膚やあごの下が突然真っ赤にただれて
すごく痒がるので、連休前に獣医さんところに行ってきたんです。
どうやら眼から出る涙で荒れてしまったようで。。。
バリバリに乾いて張り付いた毛をしっかり数人でモモを押さえながら
バリカンで眼の周りをぐるっと刈りながら、
先生が、モモちゃんにこんな辛い思いをさせるなら、
もう悪いことは言わないので取りましょう!
僕としては腫瘍の疑いもあるし、今後もし角膜に傷がつきバイ菌でも入ったら大変なことになるし
もう全摘しか道はないと思います。 
と はっきり言われたのです。
それにこんなに予後が悪いのは・・・腫瘍の疑いも・・・とも言われました。。。
もうそれは・・・・今はあまり考えないようにしています (ーー゛)
摘出して組織診にまわせば2週間後には結果がわかりますし。。。(かなり怖いけど)
でも手術を決心した一番の決め手は、やっぱモモの元気がないこと。。。。
失明した左眼だけでなく、なぜか良い方の右眼までも半目がちというか、、、。
ほぼ朝から晩まで虚ろな目をしているんです。
私が実家に行けば嬉しそうにお尻尾ぶんぶん振って、
いつものようにおもちゃをくわえて迎えてくれるけど、
でもどこか元気がないの。。。
そんな日が続けば、、、、、、、、、自ずと意は固まるもんですね。


*
*
*
*


術前検査では肝臓の数値が異常に高く、
200を超えていたのを先生が心配され、
肝臓に負担のかからないような薬(麻酔?)をかけてくださったようです。

つい2週間前の血液検査ではどこも異常がなかったのに、
どうして肝臓の数値だけが異常に高くなったんでしょう・・・・。
先生も、獣医では、急性肝炎のことはあまり存じていらっしゃらないようで、
眼のこととどうつながるのか、今一つよくわからないといった感じでした。
もしも今後も肝臓や他の内臓の数値も上がってきたら、
もっと大きな大学病院にうつろうと思います。。。
関西方面で評判の良い大学病院、総合動物病院などご存知でしたら
是非是非教えて下さい!!! m(__)m


*
*
*

若干不安を抱えながら、モモを預けて帰りました。

無事に終了と電話をいただけたのは午前もまわって1時45分。

予定より時間がかかったのは、肝臓に負担をかけないよう、麻酔の種類や量を調整しながら
して下さったので、なかなかかかりが悪く、不安定だったため、予定より麻酔に時間を要したようです。

無事にモモが目覚めてから連絡を下さいました。


はぁ・・・・・・・・・長かった!!!!

ようやくやれやれです。。。。。043.gif

面会は明日は興奮させるといけないのでご遠慮下さいと言われているので、
電話でのみ様子をうかがおうと思います。

元気にしてくれているといいなぁ。。。。。

いつも遊んでいるうさぎのパペットや、モモちゃんが食べているPh低分子のフード、
そして慣れているカラーや給水機やらをおいてきました。

最短で4,5日と言われたけれど、
出来れば早く退院出来ればいいな~~。



取り急ぎ、ご報告まで。


いつも暗いドキドキさせるブログになってしまって 本当にすみません。

ブログを見て、コメントなどで応援して下さった全員の方々に感謝しています!!!


ありがとうございました!!!!

また良いご報告が出来ればいいな056.gif



実を言うと、今はまだ、腹をくくったと言ったわりには、、、

モモのおめめがなくなってしまった、、、と冷静に考えると、、、、悲しいです。
既に光を失い、赤黒く濁ったお目目になってはいても。。。

私の部屋のあちこちに ぱっちりお目目のモモたんの写真がいっぱい飾ってあるので
どう~しても目に入ってしまい、辛くて涙が溢れます。
冷蔵庫にもいっぱい、、あはは、、、、(;^_^A

ちゃんと息してくれていて、モモはモモなのにねぇ。。。
は~~情けないなぁーーー。

片目になってもモモはモモ!
肝臓の数値やら、他にも色々心配事はあるけれど、
前向きになんとか頑張っていこうと思います。(ゼィゼィ・笑)


モモが快適でおめめの鈍痛もなく、
また笑顔でたまごちゃんと遊んでくれるなら、
そりゃ~~そのほうが!
絶対いいに決まってますもん (^○^) ・・・ねっ!☆
[PR]
by yuri7081 | 2010-03-26 02:53 | モモ | Comments(13)
温かいコメント、本当にありがとうございます(TへT)
後ほどゆっくりお返事させていただきます。

まずは経過報告ですが、、、、

きのうの深夜に両親から電話があり、モモのおしっこが一滴も出ないと連絡を受けました。

尿が出ないのは非常に危険と聞いていたのですぐにでも受診したかったけど、深夜でもう夜間救急診療も2時で終了。。。
不安で焦る気持ちをなんとか落ち着かせ、朝いちでかかりつけの病院に診てもらってきました。


やっと少しだけ出た尿を持参し、レントゲンを撮ってもらったら、、、、びっくりです。。
目に見えるくらいの7mm近い大きな石がごろごろ膀胱に詰まっていて、すぐにでも手術が必要とのことでした。
取り出さないと膀胱が収縮せずいつまでも張った状態になり、本人にしたら非常に気持ちが悪く、このまま放っておけば石を取り出した後もずっと石があるような状態になり、膀胱の膜が分厚くなり危険な状態になるみたいなんです・・・><

すぐといってもとりあえず抗生剤で抑えながら、体力を十分につけてからにしたほうがいいらしく(もちろんまた尿が出なくなったら緊急オペで)、来週の月曜の夜に決まりました。
避妊手術と違い、今度の手術は少なくとも3,4日入院が必要とのこと。
今まで一度もペットホテルにもあずけたことのないモモ。
ただでさえ手術でストレスだろうに、病院のケージで3,4日も入院だなんて、、、、。
考えただけで涙です。



でも、あんな小さい膀胱にいっぱい石が詰まっていて、、、本当に痛々しかった。。。

こんなになってしまうまで気がついてあげられなくて本当に本当にモモたんゴメンよ。。。(><)




前回膀胱炎で行った時はたしか去年の12月ごろ。
その時もレントゲンやらエコーを撮ってもらって砂のようなものが見えると言われたけれど、その後お薬でおしっこも綺麗な色に戻ってモモも普通にしていて食欲も十分あり、両親にしたらもう病院に行く必要はないだろうと思ったようです。
でも昨日聞けば何度か米粒大の石がシートについていたようだし。。。

私が誘っても明らかに散歩に行きたがらなかったし、血尿まではいかずともごくたまにおしっこが出てないのにポーズだけとったりしていた時もみかけたので、両親が何と言おうとも ちょっとおかしいな・・・と思っていた私だけでも連れていってればよかった。
両親に言っても「オーバーな・・・」と言われて終わってたけれど、自分がおかしいなと思ったらすぐ連れていくべきでした。
本当に後悔(><)
はぁ。。。。。。



これからは手術日まで毎日病院通いです。

いま後悔していても仕方ないので、気を取り直して今後また結石が出来ないように注意してあげなくては。

動物は言葉が話せないんだから、普段一緒に生活している飼い主の私たちが
いつも気にかけて、ちょっとした変化も見逃さずにしてあげないといけません。


さて、今日からフードの切り替えです!

モモたん、どうか頑張って。。。!(TへT)
[PR]
by yuri7081 | 2008-03-20 18:34 | モモ | Comments(12)