満たされた日々 yurimomo1.exblog.jp

モモたんは私の心の中へお引越ししました。もうずーーーっと一緒です☆☆☆


by yuri7081
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

③Le Céladon へ

京都では『菊乃井』や、『よねむら』には行ったことありますが、
卒業旅行のパリではバケットサンドばっかり食べていたので(笑)
今回初めての1つ星レストランになります☆

当日予約だから厳しいかな?と思ったけれど、
宿泊客優先だそうで、意外にもすんなりとれました v(#^.^#)


 Le Céladon ~
c0043751_183127.jpg


ちょっぴりツンとおすましなおじさんギャルソンが私たちのテーブル担当。
いかにもって感じの、ザァマスキャラが際立ってました( ´艸`)
他のお客さんは、ほぼ皆さん日本人。
お料理はプリフィックス形式で、アミューズから順に選んでいくタイプ。
メニューの内容は英語で説明してくれるので安心です。

しかし、ここでも事件勃発!
まずはS君がこの紫色のお水の入ったコップを私の方へこかし、
私はセーフでしたが、テーブルクロスがびちゃびちゃに・・・。
しかし、そこは有名レストラン。
さささっと先ほどのギャルソンと、もう少し上のおじさんみたいなんが出てきて、
新しいクロスを何枚も敷いて、水分を拭き取って綺麗にしてくれました^^;
しかしその10分後には、今度はTちゃんがコテッとまたその紫のお水のコップを倒してしまい、
またもやクロスがびちょびちょに・・・・il||li(つд-。)il||liオーマイガッ!

そしたらそのギャルソンさん、大きく肩でため息をついて、

「んまぁぁ~~あなた達、何度やったら気が済むのっ!プンプンッ!
 悪い子ちゃんねっ!今度やったら知らないわよ!プンスカプンッ!」

↑ いやね、ホンマにこういう感じでニコニコ笑いながら
小指を立てる感じで話すんですよ( ´艸`)プススス

でもこっちの男子二人とも このコップの安定感が悪いから倒れるんだ!と
全部コップのせいにしてるし・・(^_^;)
畏まった雰囲気でしたがこれで一気に場が和みました(笑)
だけど何度も面倒かけちゃって、
ギャルソンのおじさま方、ごめんなさい~。o.゚。(・ェ・。`人)。o.゚。



c0043751_1241746.gif



私は無難に白身魚に、S君はチキンにしましたが、
ここで面白かったのがTちゃんとざぁますギャルソンとのやり取り。

Tちゃん  「僕これ。ワイルドラビットにするよ。」

ざーます 「えええ!これにするの!?これ、普通のラビットじゃないんだよ。
        ヴェリーヴェリー ワイルドラビットだよ!ちゃんとわかってる?Σ(´□`ノ)ノ
        しかも、部位は喉のところで特殊だし、
        フォアグラソースだから一般的なお味ではないよ。」

Tちゃん  「大丈夫。そういうのも食べてみたいから、これにするよ。」

ざーます 「悪い事は言わないから止めといたほうがいいって。
       フランス人でもあまり頼まないから
       本当に個性的な味なんだよ。」

Tちゃん  「なおさら食べてみたから、お願い!」

ざーます 「後悔しても知らないよ~。あなた変わってるね~(肩をすくめながら・笑)」




こんなやり取りを傍から聞いてて面白かった~( ´艸`)ハハハハ


ここ、メインはたしか5種類ほどありました。
ウサギ料理が2種類と、あとはチキンとお魚と、、あとなんだっけな?
で、このギャルソンさんが私達に薦めてくれたのは、チキンとお魚だけ(笑)
あとは全部クセがあって微妙だからやめた方がいいよって。
それじゃメニュー載せんなや・爆!
あ、Tちゃんに味の感想を聞いたら普通に美味しかったそうですよ。
たしかに食べ進むにつれて内臓っぽい味はしたらしいけど、
でもそんなに臭みもなくってほとんど完食してました^^;;
「食べてみる?」て言われたけど、遠慮させていただきました(苦笑)

お待ちかねのお料理登場~♪
c0043751_1293311.jpg

体調が良ければオイスターを注文したいところですが、
こういう時は必ずあたるので、避けて私はホタテのソテーに。
二人はオイスターにしてたけど、普通のレモン絞っていただくオイスターじゃなく、
海水の塩味を活かしたとってもナチュラルなお味で、いわゆるケチャップレモンじゃなかったようです。
隣に居ても、ぷ~~~んと磯の風味が漂ってきてました(笑)
白身魚はすごくナチュラルなお味で、S君によると、
たいていのパリのフレンチってこういうシンプルな味付けが多いんだそうです。
で、味付けが足りなかったら自分でお塩をかけるそうです。
もっとごてごてしたしっかりしたお味だとばかり想像していた私は
どれもこれも素材を生かしたあっさりシンプルなお味でかなり拍子抜け。
どれも優しい味でした^^


最初にデザートも選ぶのですが、数種類あるデザートの中でも
これがオススメだよ!と言ってたので、私はそのスフレにしました。
これがまたすんごく美味しくって♡
パリはデザートがすんばらしく美味しいですね!
パンもおいちかったぁぁ~~~♡
朝食ビッフェでも、デニッシュやクロワッサンばかり取ってたんですが、
パリジェンヌたちがみんなこぞって食パンみたいなのをカットしてそればかり食べていたので、
私も真似してカットして食べてみたら 美味しいの何のって!!!
皮がパリッとしてすご~く美味でした♡
もっと早くそうしてれば良かった!

TちゃんとS君も私のスフレ見てたら食べたくなったらしく
またそれぞれ違ったスイーツを頼んでましたよ。
c0043751_1353270.jpg

ちょっと味見させてもらえばよかったな。。。


会話もはずみ、楽しい夕食になりました^^


さて、明日はいよいよレセプションパーティー。
「はじめまして♫」な方々とお会いするので緊張です^^;



c0043751_221970.gif

[PR]
Commented at 2012-12-22 15:37 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by yuri7081 at 2012-12-23 01:20
☆鍵コメさま^^

その後、お身体の調子はいかがですか?
色々と重なると、精神的にも辛いですよね;;
私も冬は苦手なので、いつも寒くなってくると体調を崩します┐(´ー`)┌

小指立てギャルソン、なかなかGOODでしょ~♪
そつがないんだけど、でもお茶目な店員さんで楽しかったです☆
なるほど!そういうところも1つ星なのかな(笑)

今回日本の店員さんは4、5人くらいしかあたっていないので
アベレージ的にみるのは難しいですが、実際向こうに暮らされた鍵さまが感じられたことが本当なんでしょうね~。
いや~でも日本もブランド店は感じ悪い人多いですよ~^^;
母とも「あの人はエル〇スorヴィ〇ンの娘か!」とか言うて怒ってます(爆)
今回はたまたまかもしれませんが、空港の韓国系のおばちゃんも
ラファイエットやトリノのアウトレットの中国系の店員さんも
どの方も親切と言うか、ごく普通の応対なんですがハートを感じるというか、
ヨーロッパにありがちなロボット的な冷たさを感じなかったのがとても好印象でした^^;
Commented by yuri7081 at 2012-12-23 01:23
☆鍵コメさま、つづきます☆

壁が薄い&お湯の出がちょろちょろ・・は皆さんトリップ〇ドバイザーで書かれてたとおりなので、ほぉ~~やはり・・・・って感じです。
鍵さまはロンドンでしたっけ?^^
パリやロンドンほど都会なら、車じゃなくっても電車でどこでも行けるからいいですよね♪
アメリカの田舎じゃ車がないとどっこにも行けないのが
住むには大変だなぁ~って思いましたもん^^;

そう!
たしかに初めての海外って感じでした!<お隣
しかも、ロビー出るところでお財布をすられた(落とした?)そうで、
おばちゃんが怒って電話でどないしょ~!腹立つ!!と必至にうったえてました。。。それすらもすべて筒抜け^^;
カードは旅行者の方からすぐに止めたらしいですが、すんごい文句言ってたのが耳に残っています。。。
by yuri7081 | 2012-12-20 23:46 | おでかけ | Comments(3)